初めて取引する時という局面では始めに事前準備を横着してはいけません。http://www.hok-shaho-hsp.jp/

相場に入る前であるならば、出来事を合理的に見ることができるゆとりがあります。

ところが、いっぺん市場の内部へ入ってしまうとどう工夫しても物の見方が独りよがりになる場合があり、適切な判断が分からなくなるリスクを負います。

そのために自らの考えが冷静な場面で、ちゃんとした事前準備をしておくことが必要です。

この”j事前準備”のためには、自らのストーリー展開を作成する事から始めます。

これからの投資状況はこうだからNZドルを買う(あるいは売る)というようにあなたなりの台本を書いていきます。

次に大事なのはローソク足チャートを確認しましょう。

それ以前の為替レートの上げ下げを見定めて現在の位置を確認する。

すると、「現在は相当低すぎる段階になっている」など、他には「とっくに大方の投資家がエントリーしているからこの後遅れてエントリーしてもすでに遅すぎるな」ということが理解できます。

無論もう取引するのがなすすべがないと考えたならば売買しないで、この場面では諦めることが大切です。

どう試みても自分の台本を妥協しないで無理に売買すると外国為替市場に押し返されて、逆に損することになる危険があります。

とは言っても大体の場合では事前に準備しているあなたなりの筋書きを書いていれば売り(または買い)が遅すぎるという具合にはならないだろう。

たぶん、具体的に外国為替市場が上下動する前のはずだから。

続いては、まずは自分が売り買いしようと決めている外貨ポジションの変化を、しっかり点検する事が必要です。

もしも、ドル高になるという筋書きを記したのであれば、該当する通貨の推移に注目する事が大事です。

市場の変化を確認し始めたときでは、まだ該当の通貨は明確に上げ下げする気配を見せることはなく上がったり下がったり細かい変化を繰り返しているだけだろう。

だが、その動きを正確に気をつけていると、あるポイントで少しずつ、円安の方向へと外国為替相場が動き始めます。

この場面でやっとドルのエントリーします。

おおむね、ここまで念入りに事前の準備をすればそのエントリーで勝利する割合は割合高まります。

  • Copyright © 2012 www.reddeaccion.com All Rights Reserved.